スーパー銭湯へよく行くようになりました

今年の冬はとりわけ寒いようです。そのせいか、家族でスーパー銭湯に行くことが多くなりました。
我が家がよく通うのは、自宅から車で15分ほどのところにある施設です。一階は食事処や休憩スペース、床屋などがあります。二階が男女別の風呂場になっています。
まずは身体を洗い流した後、屋内の白湯で身体を温めます。それから、露天風呂へと足を運びます。この時期は非常に寒いので、戸外へ出るのはかなりの勇気と覚悟が必要です。それでも行かずにいられないのが、我ながら不思議です。
私が特に好きなのは、釜風呂というところです。ここは小さな石室になっており、中は48度前後の湯気で満ちています。良く見ると、室内の奥に大きな釜があり、たくさんの湯がたぎっています。この湯気の中でベンチに座り、ひとときを過ごします。
サウナのような息苦しさがないので、意外と長く入ることができます。ここから出たら、すぐそばにある露天風呂に入り、
再度温まるのです。
その際、近くの庭石に置いたタオルが凍ったのには驚きました。改めて、厳寒の季節を実感したものです。
私は風呂から上がると、体重を量ることにしています。体重計の数値を見ては一喜一憂し、さらなるダイエットを誓います。
今後も寒い日が続くので、たびたびスーパー銭湯へ出かけることになりそうです。


このページの先頭へ戻る